学生でも借りれるカードローン

カードローンの中には、残念ながら「学生は不可」としているケースが多くなります。

学生の利用を禁止しているカードローンは、銀行や信用金庫が提供するものが多くなりますので、しっかりと貸し付け条件などを確認する必要があります。

また、学生の中には、「家族に知られたくない!」という希望があることが多くなりますので、

誰にもバレずに借りれるカードローン

であることも必要です。

ここでは、学生がカードローンを選ぶ際の3つのポイントについてご紹介します。
■アルバイトとして申し込むほうが有利!

まず、アルバイトをしている学生の場合は、学生としてではなく、「アルバイト」として申し込むほうが有利になります。

学生として申し込むと、融資限度額に制限を受けてしまったり、親の承諾書が必要になることがあるのが理由です。

しかし、アルバイトとして申し込むなら、社会人と同じ条件で限度額が決まりますし、誰にも知られずにカードローンに申し込めます。

バイトをしているなら、迷うことなく「アルバイト」として申し込むのがいいでしょう。
■銀行と消費者金融の違いについて理解する

カードローンのサービスは、大きく分けて「銀行」が提供するものと「消費者金融」が提供するサービスとあります。

銀行と消費者金融の違いで大きなものは、

融資できる金額

です。

消費者金融のカードローンでは、貸金業法の規制により、年収の3分の1までと限度額が決められています。

そのため、自分の年収の3分の1を超える融資が必要なときは、「銀行カードローン」からサービスを選ぶようにしましょう。
■学生が即日融資を実現するには?

学生が即日お金を借りるためには、

・必要書類が用意できていること
・自動契約機があるサービスに申し込むこと

が左右する要因となります。

消費者金融で50万円超の融資を受けるとき、あるいは、銀行から100万円超の融資を受けるときに、所得証明書が必要になることがあります。

即日カード発行ができる自動契約機があるサービスを選び、必要書類を早く用意することも大切になります。



以前、私はレイクを利用したことがありました。2年程前になるのですが、その時私は彼女と同棲をすることになり、その為の費用として使用するためにお金を借りました。

今でもテレビCMで「スマホだけ」と簡単さをアピールしていますが、その当時も非常に簡単に利用することが出来て良かったと思います。

私の場合、自宅でやり取りをするのは難しかったので自動契約機のあるところまで行って契約をしました。幸いにも自宅周辺にいくつかの無人店舗があったので、徒歩でそこへ向かい契約を行いました。

一応、申込みに必要かもしれないと思いハンコなども持参したのですが、結局は免許証(身分証明書)だけで良く、時間的にも1時間程度で契約を行う事が出来ました。その時は初めての利用という事で色々と不安もありましたが、特に難しい事も無かったのでこれから利用する方も安心して良いと思います。

返済や借り入れもスマホやコンビニATMで簡単に出来るので、時間や場所を選ばずに利用出来て非常に良いと思います。

元彼がよく利用していたので

思い切って古い部屋から引っ越す事にした私。ずっと元彼と同棲していたんですが、つい最近別れてしまったのでこの部屋に一人で住んでいます。
でも、一人で住むにはちょっと広いですし、もっと小さなアパートへ引っ越そうかと思ったんです。
その為には引っ越し費用の他に新しい家具や雑貨なども必要です。今の私はそんなに収入もないので、お金を借りて支払いに回そうと考えました。
まとまったお金を借りるならプロミスにしようと決めてました。元彼がよく利用しているのを横で見ていたからです。いつもスマホをいじって何してるのかな・・・と見ていると、プロミスから借り入れしているようでした。
元彼はよくプロミスはすごくサービスが充実していていいんだよね・・・と言っていたのを覚えています。返済日が近くなるとメールで知らせてくれるのが助かるよとも言っていました。元彼はメールが来ないとうっかり払い忘れてしまうみたいでしたから。
プロミスを使って無事引っ越しが出来ました!

プロミスなら即日融資もOK!

プロミスの強みは、何といってもスピード感のある融資です。
「最短30分」でカードローンの審査結果が分かりますので、急ぎの融資が必要なときでも対応できます。
ただし、夜間や早朝に審査は行っていませんので、急いでる時ほど早めの申し込みが重要になります。
プロミスの申込みでは、「50万円」を超える希望額のときに収入証明が必要になります。
申込みに必要な書類を早めに用意し、プロミスの申込み画面に進んでみてはいかがでしょうか。

主婦に人気の銀行カードローン!

みずほ銀行は、大手都市銀行として大変有名な会社ですが、銀行ローンにも人気があります。
とくに専業主婦の利用を認めていますので、主婦に人気の銀行カードローンという印象があります。
また、アルバイトやパート勤務の主婦が高額融資に成功するケースもありますので、自動車の購入やブランド物の購入といった利用の仕方も可能です。
200万円までの融資なら、本人確認書類だけで申し込めるのも、みずほ銀行カードローンの人気の理由になります。
初めてお金を借りたのは約15年前です。そのときは、一人暮らしから実家に戻ってきて友達と自主制作映画をつくろうとしていたのですが、あっという間に資金が底をついてしまい、だからといってアルバイトをすると制作ができなくなるということで、お金を借りることを思いつきました。
それまではお金を借りるどころかクレジットカードも持っていなかったので、お金を借りてしまうとよく見ていたテレビドラマのように取り立てが家にまでやってきて、一家はめちゃくちゃになるのだと思い込んでいました。その為になにがなんでもお金を借りてはいけない、借りたら家族みんなに迷惑がかかると、今になってみるとすごくおかしなことを思っていました。
近所の自動契約機でお金を借りたのですが、自動契約機に入るまでも大変で、田舎でしかも近所だったので自動契約機に入るところを誰かに見られていたりすると、すぐに近所中に噂が広まって親の耳にも入るので、充分にまわりを伺って誰も見ていない隙を見計らってなんとか自動契約機に入りました。
実際に借りてみると、リボ払いで毎月少ない返済金額で負担は少なく、当たり前ですがきちんと返済していれば全くなに一つ怖いことは無いこともわかりました。
私が小さかった頃は今よりもテレビの影響はすごかった時期だったので、特に母親がよく見るような事件が起こる内容の2時間ドラマなどを見せられていたことが、やみくもにお金を借りることが怖いと思いこんでいた理由だと思います。思い込みのほうが怖いです。
会生活で信用問題等の支障がでたりしますか?(クレジットカードの審査など)
初めてのキャッシングのときは、誰でも不安に感じてしまうことはあると思いますが、今では、クレジットカードと同じように多くの人が利用しているサービスになっています。
 
クレジットカードには、カードローンと同じようにキャッシング機能が付いたものがあり、アコムなどからお金を借りるのと変わらない機能が備わっているものもあります。
 
現在、クレジットカードの総発行枚数は、3億2千万枚程度になっていますが、カードローンのカードは、まだ、1300万枚程度しかありません。
 
 
クレジットカードのキャッシング枠は、利用方法が分かりにくいことが多かったり、コンビニのATMを利用して入金・出金することができないこともあります。
 
これに対して、アコムのカードローンでは、申込みが完了すれば、コンビニのATMからキャッシングすることも返済することもできるようになります。
 
 
利率も返済の条件もクレジットカードと変わらないものになっていますので、アコムを利用したからといって不利になるようなことは一切ないと考えて良いです。
 
もちろん、クレジットカードと同じように、何カ月も返済を忘れてしまっていたりすると、信用情報機関に事故として記録が残ることはありますが、普通に利用する分には、何も問題はありません。
 
 
ここで、「アコムを利用したら、信用情報に悪い記録が残るのでは?」という心配をされている方がいます。
 
アコムを利用したことで、クレジットカードの審査に落ちてしまうことが気になっているケースなどありますが、「クレジットカードもアコムのカードもほとんど変わらない」ものですので、気にする必要は全くありません。
 
 
アコムのようなキャッシングサービスに対して悪い印象を持ってしまうのは、一部の違法な貸金業者であったり、返済しきれないほど借入をしてしまう人がいることが原因だと思います。
 
クレジットカードでも、返済できないほど買い物をしてしまうと、月々の返済が大変になりますし、それは、アコムでも同じことです。
 
実際、クレジットカードの金利とアコムの金利もほとんど同じですし、利用方法さへ間違わなければ、安心してサービスを受けることができるものになっています。
 
安心してキャッシングをするには、アコムのホームページにある「返済シミュレーション」などを活用して、計画を立てて利用するのが良いでしょう。
 
「月々6千円の返済ができるなら20万円までは借りられる!」といったことを簡単に知ることができるようになっています。
本当に無利息でキャッシングできるの?と半信半疑の方も多いのではないでしょうか。
でも、本当にキャッシングできるのです。

一定期間の利息が免除されるという無利息キャッシングは、ローン会社に返済
する額が少ないという点で、とてもお得です。

もしかして審査が厳しいのでは・・・と思いがちですが、そんなこともありません。
もちろん、金利も特別に高くなる、なんてこともないので安心してください。
キャッシング会社によって、特徴はさまざまなので、自分に合った会社から選びましょう。

「今すぐにお金が必要!」という方には審査時間が最短で10秒なんていう
驚きの会社があります。

そして、初回は30日間無利息でその後は何度でも一週間無利息で借りられるという
所もあれば、180日間という長期にわたって無利息という会社もあります。

それからパート、アルバイト、そして専業主婦でも借りられる場合もあるので
正社員でなくても安心です。

自分の返済できる額で、お得に賢くキャッシングしてみませんか。

明日までにお金が必要なとき

明日までにまとまったお金が必要だけど、自分の貯金もないし、知人に借りられるあてもない......。
誰であってもそのような状況に陥ってしまうことはありえます。
そのような時、あなたならどうしますか?

何と言ってもそのような時便利なのは、

貸金業法でもおなじみの、消費者金融での借入れです。
今の時代、消費者金融においては当たり前のように「即日融資」の文字が見られます。
即日融資ができる消費者金融では、申込から契約完了まで、わざわざ店舗まで出向かずとも
パソコン、携帯電話、スマートフォンなどを使用してインターネットで行うことができる業者も少なくありません。
借入れについても提携しているコンビニや銀行のATMなどで行うことができます。
特にコンビニATMでは24時間365日いつでも好きなときに行うことができ、緊急でお金が必要となる場合には
とても便利な方法です。
このように即日融資を行っている消費者金融では、申込から借入れまでが最短30分というスピードで
お金を手にすることができる業者もあります。
消費者金融ではそれぞれ会社によって借入限度額というものが設定されています。
しかし、必ずしもその限度額まで借入できるかというとそうではありません。
 
日本には総量規制という法律があり、個人での借入は年収の1/3までを限度とするという規定があるのです。ですから、いくら300万円まで貸せます!となっていても、実際にはそこまで借入することは出来ません。
 
例えば、年収が400万円の場合法律上では120万円が限度額ということになります。では、審査ではこの120万という限度額になるのでしょうか?
通常は120万円になることはなく、一般的な貸付では初回の貸付で大体50万円という限度額が設定されることが多くなります。
50万円を貸し付けてみて、返済状況を確認しつつ優良であれば限度額を引き上げていくという手順を取ります。
 
このように総量規制という法律の枠とは別に、各社の独自審査基準がありますのでその範囲内での貸付となるのです。
しかし、それぞれの会社が設定枠を儲けているのであれば複数から借りればその枠以上に借りられるのでは?と考える人がいます。
 
具体的に言うと、A社から50万、B社から50万、C社から50万借りられれば合計で150万借入することができる、という考え方です。答えから言いますと、それは出来ません。
運よく借入できたとしても、A社から50万、B社から20万、C社からは10万または借入不可能となります。当然ながら、借入状況は全体で情報共有されていますので、他社から借入していることがわかれば借入額はその分減るのです。しかしこの方法はオススメしません、多重債務に繋がるだけではなく信用価値は最悪の状態とみなされるからです。
 
いくらまで借りられるかを気にする気持ちはわかりますが、その考えは改めるべきでしょう。
いくら借りられるかより、いくらなら返済していけるかを考えるべきです。
 
借りるほうばかりに気を取られていると、返すときに足元をすくわれることになります。延滞すれば一気に回収にかかる業者もいますし、新規の借入は出来なくなります。そういう意味でも借りられる額よりも、返せる額というのが重要になるのです。
 
ただ、自分がどのぐらい借入できるかは、大手消費者金融であればシミュレーションが可能ですので一度試してみてはいかがでしょうか。
これぐらいの年収ならこれぐらいだなっていうのが想像できるようになりますから、年収をあげるような努力もモチベーションが上がるというものです。お金を借りるのであれば、出来る限り計画的で前向きな考え方で捕らえるようにしてください。