一般的にいくら位までなら借りられますか?

消費者金融ではそれぞれ会社によって借入限度額というものが設定されています。
しかし、必ずしもその限度額まで借入できるかというとそうではありません。
 
日本には総量規制という法律があり、個人での借入は年収の1/3までを限度とするという規定があるのです。ですから、いくら300万円まで貸せます!となっていても、実際にはそこまで借入することは出来ません。
 
例えば、年収が400万円の場合法律上では120万円が限度額ということになります。では、審査ではこの120万という限度額になるのでしょうか?
通常は120万円になることはなく、一般的な貸付では初回の貸付で大体50万円という限度額が設定されることが多くなります。
50万円を貸し付けてみて、返済状況を確認しつつ優良であれば限度額を引き上げていくという手順を取ります。
 
このように総量規制という法律の枠とは別に、各社の独自審査基準がありますのでその範囲内での貸付となるのです。
しかし、それぞれの会社が設定枠を儲けているのであれば複数から借りればその枠以上に借りられるのでは?と考える人がいます。
 
具体的に言うと、A社から50万、B社から50万、C社から50万借りられれば合計で150万借入することができる、という考え方です。答えから言いますと、それは出来ません。
運よく借入できたとしても、A社から50万、B社から20万、C社からは10万または借入不可能となります。当然ながら、借入状況は全体で情報共有されていますので、他社から借入していることがわかれば借入額はその分減るのです。しかしこの方法はオススメしません、多重債務に繋がるだけではなく信用価値は最悪の状態とみなされるからです。
 
いくらまで借りられるかを気にする気持ちはわかりますが、その考えは改めるべきでしょう。
いくら借りられるかより、いくらなら返済していけるかを考えるべきです。
 
借りるほうばかりに気を取られていると、返すときに足元をすくわれることになります。延滞すれば一気に回収にかかる業者もいますし、新規の借入は出来なくなります。そういう意味でも借りられる額よりも、返せる額というのが重要になるのです。
 
ただ、自分がどのぐらい借入できるかは、大手消費者金融であればシミュレーションが可能ですので一度試してみてはいかがでしょうか。
これぐらいの年収ならこれぐらいだなっていうのが想像できるようになりますから、年収をあげるような努力もモチベーションが上がるというものです。お金を借りるのであれば、出来る限り計画的で前向きな考え方で捕らえるようにしてください。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月25日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「学生でも借りれるカードローン」です。

次のブログ記事は「明日までにお金が必要なとき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。